Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
So-net無料ブログ作成

【地域編】お宅、障害者やから税金払ってないやろ!! [吠え!吠え!]

お宅、障害者やから税金払ってないやろ!!


女房が自治会の行事で集合場所に行ったとき、突然近所の女性がみんなに聞こえるような大声で言ってきたそうです。

女房は突然のことに何のことかわからずポカーンとしていると、

「私なんかは、たくさん税金取られとる!」旧電●公社を定年まで勤め上げたこの女性は吠えたそうです。

 

税金に詳しくない女房が、帰ってきて私にたずねてきてこの件を知りました。私は「障害者には、扶養控除と同じような障害者控除というのがあって、所得から一定額を差し引くけど、税金が免除される制度ではない。それにわし実際に税金払っているし、それも日本だけじゃなく、アメリカにも払っている(笑)」と説明しました。

5c76870dbb1b8d259d39d4b3e434fa52_s.jpg

 

それからもこの女性はことあるごとに女房に突っかかってくるようになりました。

近所の知り合い達から私にメールが入ります。大体「奥さん、ひどいこと言われてたけど気にしないように伝えて」という口調です。「言われた方に気にしないで」ではなく、言った方に注意しないとアカンやろ、と私などは思うのですが・・。まあみんな私と違って良い人なのでしょう。それとも私に何かを期待しているのでしょうか?


私は、まあ一人暮らしのさびしい高齢の女性やから、目くじら立てることもないやろと放置することにしました。


所がこの女性エスカレートしはじめました。同じく近所の人で腰の曲がった女性に対して葬儀会場で嘲笑したり、アルツハイマーの男性に「私より歩くの遅いやん!」などと言い放ったり、さらに夫を亡くした方に「どうやって生活しとるんや!?」などと自分が元気でそこそこ年金もらっていることをいいことに、言いたい放題になってきました。


いじめられ仲間と思われているのか、女房と私の耳にそんな話が、どんどん入って来るようになりました。

「もう放置できんな」と私も思い始め、作戦を立てて機会をうかがっていました。この女性の一番弱いところを攻めるつもりです。機会はすぐに訪れました。


市の広報紙から私はこの人の一人娘の勤務先(市の外郭団体)を知りました。確か旦那さんは市の職員のはずです。私は早速この一人娘に電話しました。


「あんたのお母さんに、女房がひどいこと言われた。市の人権委員会に訴え出るつもりや。ついてはあんたに迷惑かけるかもしれんから事前に連絡したんや」


直ぐに市役所の旦那がすっ飛んできました。

「今お義母さんに聞きましたけど、そんなこと言った覚えがないとのことでした。」

「ああそうか、それじゃ仕方ない。私は近所の被害者を全員連れて人権委員会に乗り込むわ。そこで話ししよか」


次の朝一人娘がやってきました「どうか母を許してやってください」と涙ながらに訴えてきます。アホな母親もってこの人も不憫です。

「それじゃ今回は許すけど、次同じことやったら許さんで!」といってあっさり和解しました。

 

これでこの女性は、急におとなしくなりました。もう女房達には近づいても来ないそうです。私も一度散歩の途中で偶然出会いましたが、深々とお辞儀されびっくりしました。 

 

 それじゃ~また 

nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました