Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
So-net無料ブログ作成

宮本輝著「流転の海」第9部「野の春」その2 [お勧め本]

b6ac42c1d7e57e3b1bcad0e7745a37be_s.jpg

宮本輝著「流転の海」第9部「野の春」で私が印象に残った部分を紹介します。

流転の海 第9部 野の春

流転の海 第9部 野の春

  • 作者: 宮本 輝
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2018/10/31
  • メディア: 単行本

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

◆議論で勝とうとしてはいけない 人は議論で負けたからといって、従おうとはしない、 代わりに深い恨みを抱く。


◆また、先の見込みのないつまらない男と結びついてせっかく得たものを失っていくのだ。

どうしてそれがわからないのだろう。どうしてそのように愚かな方へ愚かな方へと歩いて行くのか。

 


◆ああこれが私の宿命だと気づいて、自分の意志でそれを乗り越えようとせいへん限り宿命には勝たれへん。宿命っていうのはものすごいて強い敵や、命に宿るって書くんやもんね。逃げても逃げても離れへん 自分の影と同じや。


◆ 自分の命に宿っているもんを追い払うにはどうしたらいいん。そんな宗教じみた因縁話を私は決して信じていないと、房江は心の中で否定するのだが、否定しきれない何かが常に残るのだ 。

 

あまりにも多くの不幸を見てきたせいだと房江は考えて、自分に言い聞かせた。

宿命なんて考えてもわからないし、目で見えるものでもない。今日を最後に宿命という言葉を私は中から消す。二度と思い浮かべない。

 

◆尼崎の蘭月ビルの夏の暑さと冬の冷たさと共に、あのアパートで暮らしていた人々の顔が凄まじい勢いで心をよぎったが、それは一瞬のことで、何もかもが 変わり続けているのだ、変わらないものなど何も一つないのだという感慨の中に入って行った。 それは不安やよるべなさとは全く異質の勇気を伴った覚悟をもたらしてきた。

◆気が利かないというのも持って生まれた才能で,どうしようもない
それは誰でも出来るようなつまらない雑用させてみればわかる。雑用が満足にできない人間はどんな良い大学を優秀な成績で卒業していても使い道がないのだ。

◆丹下甲治の遺言


「私はあの辺り生まれた子供らが、まっとうに世の中で生きていけるようにと骨を折ってきました。戦前のあのあたりには、子供の頃から力仕事で金を稼ぐ以外にない家庭が多かったのです。
そうやから、そんな親に育てられた子も同じ生き方しかできません。港湾での労働が嫌で、くりから紋々の世界へと入っていく子も多かったんです。私は一生をそんな子を生業につかせるために使いました。 それでも曲がっていく子は曲がっていきます。あーあの時もっと違う言葉で諭しておけばよかったと後悔することも多いです。 私は私がその時できることは全てやりました。丹下甲治に悔いなし、です」


「 曲がって行った子も 丹下さんのことは忘れちゃおらんですよ」


「あれだけ不幸な家庭に育ったらたていの子が曲がっていきます」


遺言は確かに聞いた。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

兵庫県尼崎市は、関西では親しみと、多少侮蔑を込めて「アマ」と呼ばれます。私も20年近く住んでいました。関西エリアの大都市の京都、大阪、神戸など大都市にも存在する上品に言えば「下町」です。


いま「高級国民」が話題となっていますが、対極とも言えます。幼馴染の3人の内、一番ワルは警察官になる。2番目3番目はヤクザ者になると、まことしやかに言われる街です。


蘭月ビルなど、流転の海の第5部「花の回廊」でもその舞台になっています。また、車谷長吉氏の直木賞作品「赤目四十八瀧心中未遂」の舞台でもあります。実際、人々を震撼(しんかん)させた尼崎連続殺人事件等の犯罪の舞台でも登場します。


それじゃ~また

nice!(13)  コメント(0) 

nice! 13

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。