Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
So-net無料ブログ作成

陸上日本選手権1500m決勝。心配は杞憂(きゆう)に終わった。田中望実2位、後藤夢5位






田中望実さんは見事2位、後藤夢さんは復活の5位入賞。西脇工業高校の時から応援している私には大変嬉しい結果で、心配は杞憂(きゆう)に終わりました。


二人は高校卒業後、同志社大学に進学し、ND28ACという尼崎のクラブチームで練習していました。


これは、西脇工業高校で指導を受けていた前田泰秀先生が、尼崎の定時制高校に転勤になったことにより、その指導を継続して受けるため、たった二人のクラブチームを設立した様なのです。


大学や実業団の陸上チームに所属しないで、果たして大丈夫なのか。才能ある二人の将来が、正直不安になりました。


この新しい環境の中で、田中望実さんは、U20世界陸上3000mで優勝するなど順調に成績を伸ばしていました。一方、後藤夢さんはケガの影響で結果が出ない。


今春からは、豊田自動織機TCの所属になりました。





さて日本選手権1500mですが、田中望実さんは見事2位です。後藤夢さんは復活の5位入賞です(祝)高卒後が、新しい取り組みだっただけに心配もしましたが、安心しました。


ただ田中さんは、昨年から、上位に来るものの中々トップに届かない状態が続いてます。

ちなみにこの種目の日本記録は、同じ兵庫県小野市出身の小林  祐梨子さんで、なんと彼女は高校生(須磨学園高)のとき 4:07.86の日本記録を作っているのです。


彼女に比べれば、田中さんは遅咲きなのかもしれません。ですが焦らず着実にステップアップして遅咲きの良さを生かしていただきたいです。他の1500mの選手と比べ小さな身体ですが、最近はラストスパートのキレも出てきました。あと一息です。


後藤夢さんは3000 M 障害で日本チャンピオンを目指していただきたいと期待しています。

 

 

 

それじゃ~また

 

nice!(15)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

nice! 15

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。