Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
So-net無料ブログ作成

彼岸花哀歌 小倉くめ

 



彼岸花哀歌


 


一つ違いの兄ちゃんと一つ違いの弟が


無残に捨てられ殺された


その名も悲しい思川(おもいがわ)


 

父母いない旅なれば 道中(みちはどれほど遠かろう


幼い二人の旅なれば道中(みち)はどれほど怖かろう


彼岸花


彼岸花


群れて咲け


幼い御霊(みたま)をなぐさめて


彼岸花


彼岸花


燃えて咲け


ふたりの旅路を照らすよに


 

線香花火か風車


群れて咲け咲け彼岸花


燃えて咲け咲け彼岸花


幼い二人の道連れに


 

小倉くめ詩集 「山より太い猪(しし)は出ん」


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


 

本当に悲しい歌なんですけれど、もなんと美しい哀しい情景が鮮やかに浮かんできます。


 

群れて咲け咲け彼岸花


燃えて咲け咲け彼岸花


幼い二人の道連れに


 

くめさんの祈りのリズムが響きます。とりわけ哀しくも美しい詩です。私一度読んで大好きになりました。


 


今日は、終戦記念日です。この国には、秋の彼岸花をこんな哀しい想いで見つめる人が数多くおられると思います。


 


黙祷


nice!(12)  コメント(0) 
共通テーマ:健康