Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
So-net無料ブログ作成

これ以上、どうすりゃいいのさ

GkRNx4185AvtVNR1559621537_1559622060.jpg


 

よくリハビリで歩いている時「お気をつけて」と声かけされる。


 

私は片麻痺になってから、歩行するときは常に注意を集中していないと歩けない。健常時の様に無意識には歩けないのです。





ですがから、これ以上どこをどう気をつけたらいいのか、さっぱりわからない。もちろん善意で心配してくれて言っているというのは、十分に分かるのです。ですから「ありがとう」といつも返事するのです。


 

しかし、この声掛けで、「気を付けよう」ーー>「どこをどうやって?」と余計な事考えてしまう。こちらの方が余程危ない、まさに「お気をつけて」なのです(笑)


 

これを病院などで、たびたび言われると、ついカチンとくるのです。「どうすばいいんか具体的に教えてくれや」と、時々毒づきたくなります。


 

「お気をつけて」は「〇×//◆・・・」と善意の《おまじない》と考え、意味を考えないのがよろしいかと。


 


それじゃ~また


 

nice!(11)  コメント(2) 
共通テーマ:健康