Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
So-net無料ブログ作成

ドンファン型人間はお気をつけあそばせ [片麻痺障害者として生きる]

131474_01.jpg





紀州のドンファンが話題となりましたが、人間には3つのタイプがあるそうです。ハムレット型とドン・キホーテ型と、ドン・ファン型です。(「本の使い方」 出口治明著)。


 

ハムレット型はあれこれと思い悩むタイプ 。ドンキホーテ型は 夢に向かって一直線のタイプ 。ドンファン型 ひたすら異性を求める タイプです。


 

ドンファン型人間には、口の達者な男が多いのですが、愚かな人も多少多いのかなと思います。 教育を受けてないわけでもない、頭が悪いわけでもない。しかし恋は盲目との言葉の通りやることなすこと「愚かだなあ~」と、周りの人が引いてしまうタイプの人がいるのです。


 

ありていに申しますと、 人生の知恵や教養といったものが身についていないのです、ですから欲望がコントロールできない。身勝手な自分勝手な論理で友人の忠告などどこ吹く風。以前お話しした ギャンブルやお酒 、女にハマる人などはこの愚かな人の典型です。


 

私が自主リハビリする公園の駐車場でも昼間っから不輪と思しき数組のカップルが車中デートしています。それもほぼ毎日です。毎日見ていれば車種やボディカラーは当然として中にはナンバープレートの番号まで覚えてしまった車があります。


 

それだけでなく時々車から降りたときなど、ふっと顔を見ることがあります。さらに、それはどこどこのだれそれ、奥さんはこんな人、子供の性別や年齢まで知っている。女房に少し話しただけで女房のネットワークが詳しい情報たちどころに教えてくれたからです。ほんとスマソ社会は恐ろしい。


 

ところは健康で過ごせる若いうちは、ドンファン型人間が花咲かせることも、いいと思うのですが、 これが、年が寄り 私のように脳卒中片麻痺などになると大変です。老後は長いのです。簡単に死なせてはくれません。基本的に家族に 日常生活は面倒見てもらわなければならないからです。


 


SNS等のネット社会になってこのドンファン型が激増している気がしますが、色に狂って長い老後をどうするのでしょう。「豊かな中年期、惨めな老年期」にならないよう注意が必要です。


 

典型的なドンファン型の同病の知人は、67歳で脳卒中発病後、次々と女たちが去っていって淋しいと盛んにこぼします。片麻痺は軽度なのですが、薬の影響もあるのかアチラが弱くなっているそうで、工場のラインはほぼ女性というめぐまれた職場に勤めていましたが、回復期には見舞いにきてくれいた特に親しかった5人も、1年後には、メールの返事すら誰一人ないそうです。


 


 


ところで、皆さんは何型ですか?


ちなみに、私はドン・キホーテ型です。これはこれで結構苦労するのです。


 


 


それじゃ~また


 

nice!(6)  コメント(0) 

nice! 6

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。