Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
So-net無料ブログ作成
お気をつけあそばせ ブログトップ
前の5件 | -

正義を振りかざして他人を攻撃する人 [お気をつけあそばせ]

pWGwzv3sH572h0Y1565327919_1565328422.jpg


 


◆私の幼馴染で、高学歴にも関わらず、仕事がうまくいかず引きこもりになった人間がいた。


 

引きこもって何年か経つと、自分の親に対して「感謝」の気持ちが足りないと強く攻撃するようになった。「親に感謝の気持ちが足りないから、子供の私が上手くいかないのだ」と、あきれた責任転換するのだ。


 

結局、何年かして被害者妄想が激しくなって入院。退院後しばらくして縊死した。






◆【正義」がゆがめられる時代】片田珠美著によると





自分が仕返しや復讐のために誰かを攻撃しているということは誰だって認めたくない .


だからこそ、それを覆い隠すための便利な隠れ蓑として正義がしばしば用いられる。


当然、正義を声高に訴える輩ほど、往々にして疚(やま)しさを抱えている。


 

 このことを肝に銘じておけば、自分自身が正義を振りかざして猪突猛進するようなことは恥ずかしくて出来ないはずだ。


 

また正義を声高に叫ぶ人を疑いの眼差しで眺められるので、そういう人にも振り回されずに済むだろう。


 

 とにかくもっともらしい正義こそ要注意である。歴史を振り返るとどんな攻撃でも何らかの正義を口実にして開始されたのだということを忘れてはならない。


 



「正義」がゆがめられる時代 (NHK出版新書 516)

「正義」がゆがめられる時代 (NHK出版新書 516)

  • 作者: 片田 珠美
  • 出版社/メーカー: NHK出版
  • 発売日: 2017/05/08
  • メディア: 新書





◆ブログ村の脳卒中カテゴリーで、やたら「感謝」という正義を振りかざして他人を批判する人間がいる。


 

もし本当に感謝の気持ちを根底に持っているなら、数十回にわたり連続して他人を攻撃したりはしないはずだ。


 


同じ障害者に対しては、もっと共感や励ましの感情が自然に沸き出ていると思う。


 

結局、実人生で何の実績上げられず、居場所も見つけられないから、その腹いせに同病者に対して「正義」を持ち出して攻撃しているにすぎない。本当に「かわいそうな人」なのだ。


 


 


世の中上手くいかないことだらけ、特に障害を持った暮らしはそう。だからといって腹いせに他人を攻撃するのは、自らの破滅に向かって転がり落ちている様なものだ。構図的には、


相模原障害者施設殺傷事件の犯人と同じである。


 


 それじゃ~また


 


 


追伸:「日本は正直になれ!」お隣の儒教の国の大統領の言葉です。この場合の「正直」は、あくまで他人を攻撃するときの言葉で、自らを省みる言葉ではありません。義・礼など儒教的な説教する人は、こんな人が多い。昔からいいます「論語(儒学)読みの論語知らず」と。皆さんお気をつけてあそばせ。


 


 


 


 


nice!(8)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

「老後資金2000万必要」で待ち構える投資のプロ [お気をつけあそばせ]




【神戸新聞2019年7月3日】


これ、危険な匂いがします。


 老後資金を、投資会社のプロたちに吸い取られてしまう。 そんなことにならなければ良いのですが・・・。

 生活保護受給者が貧困ビジネスの カモにされたように 、庶民の手持ち老後資金が 投資のプロに吸いつくされてしまう。そんな危険が大いにあると思います。プロはこの話題に小躍りしたと思います。




個人投資は、プロの手を借りるのではなく、 あくまで自己責任と認識し、自分で調べ、勉強し考えて 投資するものだと思う。だから慎重になり、リスクに対する 感覚も鋭くなる。


あくまで、 勉強の一環として中年世代がセミナーに参加されておられるのでしょうが、花園だっと思っていたら、怖い毒蛇の待ち受けている底なし沼だった。ということです。

そうでなくても、聞いたことがそのまま通用するかと言うと甚だ疑問です。


「君子危うきに近寄らず」で、それなら信頼できる 本を探し出し、それでコツコツ勉強するのが基本だと思います。


高齢者はスッパリあきらめ、このまま預金でもしておくほうが良いと思う。ほとんどの場合もう遅いのです。


しょせん、人生何が起こるかわからない。高齢になれば明日死んでもおかしくない。


明日を憂いてみても栓無きことです。


ただ「老いて暖まりたい者は、若いうちに暖炉を作っておけ」です、人間関係だけは作っておかないともう年いってから作っていくのは難しいのです。


それじゃ~また

nice!(8)  コメント(2) 
共通テーマ:健康

介護ベッド誤使用による死亡事故 [お気をつけあそばせ]

 こんな記事が神戸新聞2018年9月17日に載りましたので調べてみました。



 


 


最新介護ベッドまわりの事故件数


最新介護ベッドまわりのイメージ


A

サイドレール内のすき間

26

B

サイドレールとサイドレールのすき間

16

C

サイドレールとボードのすき間

11

D

サイドレールとマットのすき間

8

E

ベッド用グリップの固定レバー

9

F

その他

5


 

最新の事故件数報告です。


過去事故件数データ


 

最新介護ベッドまわりの事故件数の割合グラフ


最新事故件数グラフ


【詳しくはこちらをどうぞ】


 医療・介護ベッド安全普及協議会


それじゃ~また


nice!(13)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

ナルシシスト [お気をつけあそばせ]

b15748b5.jpg

 

私は以前の記事で、人間のタイプとして、「ドンキホーテ型」、「ドンファン型」、「ハムレット型」の3つのタイプがあるという話を紹介させていただきました。

 

 

【参考記事】ドンファン型人間はお気をつけあそばせ

 


しかし最近ブログを読んでいて、もう一つ特徴的なタイプがあることに気づかされました。それはズバリ「ナルシシスト型」です。日本語で「自己愛型」です。


カラパイアの「ナルシシスト・ナルシシズム。その特徴と危険性を分析」によりますと、


「ナルシシズムは、他人と良好な長期関係を築けない、非倫理的な行動、攻撃性など、さまざまな対人機能不全と結びついている。」といいます。

 

その特徴は、自分が特別な存在であると考えており、他人の存在や業績を最小化することで、他人の能力に直面した際に優位性を確保しようとする。

 

何より、 共感に欠け、他人の感情やニーズを認識しない、あるは気づこうとしない人ということになります。


要は自意識過剰で自分を選ばれた人だと勘違いし、他者への想像力に欠けるため攻撃性が強い。つまりは、「子供っぽい人」ということになります。


そもそも他者への想像力に欠けるから誤解が多く、直ぐに他人を攻撃する。攻撃された人が反論しても、その内容を論理的に読み解けないから、「レッテル貼り」に終止する。



こんな人が、ブログでも目に付くようになりました。脳卒中ブログ村でも、「他人に役に立つ」とか「同病者は仲間」とか言いながら、結局は自分の主張を単に繰り返すだけの人、他人への攻撃、「レッテル貼り」を際限なく繰り返すだけの人です。私は今、このような方たちへの興味を全く無くしています。

 

それじゃ~また

 

nice!(14)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

高齢者女性の孫自慢 [お気をつけあそばせ]

845dpZL3tQVa9Jy1537391383_1537391954.png


 

私が、回復期の入院していた病院には、老健が併設されていて、お昼を過ぎる頃、多くの方がリハビリ室に降りてこられます。


 

そこで、女性同士は話の花盛りになるのですが、一番多いのが孫自慢です。他人の悪口もそうですが、これも相当見苦しい。


 

歩行特化型デイサービスに行って、孫自慢の方を久々見かけました。隣のベッドで若いにセラピスト相手に喋っていたのです。


 

高校ではどうだった、大学の成績は優の数がどうのこうと、私、自分の子でもそんな事知りません。私は、こんな女性とは、決してお近づきにはなりたくありません。


 

私の母も、こんな人でした。幸い(?)私の子供達は、自慢対象にはなりませんでした(苦笑)が、姉の子供達が自慢の対象でした。


 


銀行の外交の人など相手にこれをやるのです、銀行の方が、大変気の毒だなあといつも思っていました。若い外交の方は、自分と大して歳の変わらない孫の自慢話を聞かされる。仕事とはいえなかなか大変なことです。


 

高齢女性の場合、他人の悪口と、孫自慢は蜜の味でしょうか!?大変聞き苦しいのでお気をつけあそばせ!です。


 


 それじゃ~また


 

nice!(16)  コメント(0) 
共通テーマ:健康
前の5件 | - お気をつけあそばせ ブログトップ


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。