Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
So-net無料ブログ作成
障害者の車運転 ブログトップ
前の5件 | -

障害者割引、高速道路不正利用とは情けない [障害者の車運転]

【神戸新聞2019年7月31日】


あー情けない!こんなことするから他の障害者も疑われることになる。


障害者駐車場を健常者が不正に利用することは、頻繁にあることですが、障害者手帳を不正に書き換え、高速代金の割引を受けていたとは。しかも10年間で、千回です。確かに神戸の北のハズレ、家族で暮らしていれば、車は複数必要でしょうが、この人は中古車販売業で、業務で使っていたとあります。


私も、ここからさらに北の田舎暮らしですので、車は一人一台必要です。ですから家に何台か車があるのが当たり前で、私は2台所有し、女房と私で使用しています。どちらも「私名義」です。


市外には、普段女房が乗ることの多いN-BOXを使って出かけることが多いので、障害者割引、ETC、自動車税の免除は、すべてこのN-BOXで受けています。


公園リハビリ散歩など、市内はもう一台のタントで出かけることが多いのです。


両方とも私が運転するのだから、タントにも障害者割引が適用されれば、いいなと思うのですが、仕方ありません。ごくたまにタントで短区間、高速道を利用するのですがこの場合は普通料金です。


こんな犯罪は許されないでしょう。同じ地域に住む障害者として残念で仕方ありません。

 

それじゃ~また

 

nice!(8)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

車イスマークの迷惑駐車(2) 平気で不正する人たち [障害者の車運転]

20150814091026.jpg

 

それは私が住んでいる地方の新聞に記載された読者の声です。内容を要約しますと

ーーーーーーーーーーーーーーー

ある日、足に障害のある私は、車を運転し病院に行き、障害者用駐車場が空いていればと近づいた所、その前に一台の車イスマークを付けた車が、何やら駐車場の管理人と話した後、障害者駐車場に駐車した。


そこから降りてきたのは、どっから見ても元気そうな人で、その人はそのまま管理人に近づき、缶コーヒーをポケットに差し入れた。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


投稿者の住所等からすぐこの病院が分かり、管理者の顏も思い浮かびました。地域では中核となる病院で、駐車場には、長く勤務している管理者がおられます。この人、中々厳格なのです。


私も駐車するときには、障害者であることを告げて駐車禁止除外指定車標章を見せて駐車させてもらいます。この管理人は、車から降りた私の歩く姿もじ~とを確認しています。


女房も、足の不自由な父親をを乗せてよくこの病院に行くのですが、障害者用駐車場は満杯の事が多く、一旦父親を玄関で降ろし車椅子に乗せ、それから遠くの駐車場に車を入れて戻ってくることが多いそうです。


何と嘆かわしい、我が地方の中核となる病院で、駐車場の管理人と、その知り合いがグルになって不正していたのです。


玄関近くの障害者専用駐車場は5台程度で、本当に体の不自由な人が利用すべき駐車場なのです。他の駐車場は近い所でも100m以上離れています。


障害者用駐車場では不正が本当に多いのですですけれども、ここまで酷い不正は初めて聞きました。私の信頼感は完全に地に落ち、怒り心頭です。

 
それじゃ~また





nice!(9)  コメント(4) 
共通テーマ:健康

片麻痺運転の要注意点 [障害者の車運転]

ls-P1010219.jpg
ls-P1010220.jpg


私が、脳卒中片麻痺で運転を再開したあと、一番怖かったのがこれです(写真上)


麻痺足にハンドルに当たって、ハンドルが切れなくなる。


幸い練習中に気付き、ブレーキかけて止まりました。




健常者の時であれば、ハンドルとの間に手を入れることもできますし、当たっている足を開くことも出来ますが、片麻痺運転ではそれが出来ない。


ですから、運転する前に、麻痺足とハンドルの間を確認しています(写真下)。これホント要注意です。


他にも左麻痺の場合は、ワイパーのスイッチ操作が難しい。手首でも数秒間は、安定して直進運転は出来るようになっておく必要があります。

 

ライトに関しては自動点滅車も多くなっており、私も車を買い替えて、これが一番助かっています。


参考【練習場訓練編 その3  ハンドルさばきを変える-2

 

 

それじゃ~また

 

 

nice!(8)  コメント(3) 
共通テーマ:健康

高齢者や障害者の運転について考える(5)私の計画 [障害者の車運転]

1207087.jpg


 


私は普段、ごく質素に暮らしている。


 

それでも女房に言わせると、食費が高いとの事だが、それは収入(障害年金等)が低額だから食費の割合が高いだけである。エンゲル係数が高い典型的な貧乏所帯である(泣)


 

この夏に、義理の父親が家の外で尻もちついて動けなくなって近所の人に助けられた。そのお礼に一個500円の桃を持って行ったのであるが、しかしよく考えれば、ここ20年くらいそんな桃、自分では食べた覚えがない。





だが、私は八十歳を過ぎてから、私の人生で最高の生活費を使おうと思っている。


 

贅沢ではなく介護で使わざるを得ないと思うのだ。80才で女房がいなければ施設に入ることになると思う。また幸い(?)私がいなければ、女房がそのお金を使って老後暮らすことができる。そのような計画で質素に暮らしているのだ。


 


今年、金融庁審議会の報告書の「老後2000万が必要」が、大いに批判され話題となった。


私も、自分の場合を計算してみた。結果、金額的に2000万は必要だった。むしろ最低水準に近かった。


 

当初は60才を過ぎれば、仕事を引退しキャンピングカーで日本中を回ろうと思っていた。また海外旅行にも、かって訪れた地を、再度夫婦二人でゆっくり行きたいなとも思っていた。


 

しかし脳卒中になってからすべて諦めた。いまは一~二泊程度の小旅行くらいである。





車に関しては、田舎暮らしだから病院や買い物に使わざるを得ない。そのために将来安全性を考慮し自動運転の車を購入したいと思っている。だからキャンピングカーはあきらめている。


 


自動運転と言っても、免許は必要だろうから、運転しなくなっても免許を返納しないつもりである。


 


 


それじゃ~また


 

nice!(10)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

身体障害者マークの迷惑駐車(1) [障害者の車運転]


【神戸新聞2019年7月25日】


確かにこれは気をつけなければいけない問題です。


障害者用駐車場では、障害者は不正に占拠されたりと相当苦労していますので、逆に迷惑をかけるということは、止めなければなりません。


迷惑掛けられることが多いから、迷惑かけてもかまわない。そんな訳ありません。


ですが私は障害者マークや駐車禁止除外指定車をそんなに信用はしていません。健常者が一人で乗って不正使用しているのを見かける事が多いからです。


駐車禁止除外指定車標章は警察での申請が必要ですが、以前「駐車禁止除外指定の申請」という記事で紹介したように、不正使用が大変多い。車椅子マークや身障者マーク車は市販され誰でも手に入れられます。



実際私がよく行く食品スーパーでは、身体障害者マーク、車椅子マークの車が身体障害者用の駐車場に駐車していますが、乗ってる人は普通の健常者です。


家族に身体障害者がいるかもしれませんが、買い物は健常者が一人で来て身体障害者用に停めていることも本当に多くあります


それじゃ~続きはまた

 

nice!(11)  コメント(0) 
共通テーマ:健康
前の5件 | - 障害者の車運転 ブログトップ


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。