Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
So-net無料ブログ作成

(7)最終日 (役に立たない)診断受けんといかんですか?  [リハビリ、入院・通所]

ある日スポーツメガネのPTが、ベッドに寝た私の腕を上げ下げ(関節可動域訓練)しながら言います。

 

 「通所リハビリ続けてもらうのでしたら、医師の診断を受けてくださいよ!」

 

 多少ましになったとはいえ相変わらず横柄な口調です。

 

q8oXomS5gc1XtUu1487206278_1487207266.jpg

 

「どうしょうかな~」

 

「エッ!」

 

「だって診断するゆうても、この半年リハビリ室で一度も先生(整形外科医)見かけたことあらへんで。 

それで、ワシの何が診断できるんや!」

 

「イヤ、そうゆうことやなくて・・・」

 

「ほな、どうゆうことや」

 

「・・・・」

 

「ここ、万事がこの調子やないか。

ホンマにワシがこの半年で良くなったかどうか?

 ここのリハビリが効果があったかどうか?

本気で診断する気なんかないやろ!」

 

「・・・」 

 

「「変わったことないですか?これからも一緒に頑張っていきましょう!」

ワシそんな、おどけた話はもう聞きたないで!」

 

□■□■□■

 

私はすでに自己診断を済ませており、

この通所リハビリ(デイケア)をやめるタイミングを計っていました。


多少「関節可動域訓練」しますが、あとは

時間を消費するだけのリハビリに

週2回の貴重な時間を奪われたくはありません。


それに次は他の病院に入院してロボットリハビリを受けるつもりでいますので、

そのタイミングで退所するつもりでした。

 

これで、お世話になった他のPTや介護職の人たちとも、

きれいにお別れできると考えていました。


その後退所までの2週間、スポーツメガネのPTは、全く何も言わなくなりました。

私のような「お山の大将に平然と文句を言う、うるさい客」は

さっさと、やめてもらった方が都合が良いのでしょう。


いよいよ最後の日がきました。

私はお世話になったPTと介護職の方に、リハビリ専門病院で治療受けるためここは退所しますと告げました。

 

同じ通所仲間ともお別れです。これが一番残念です。


体操等で我々グループを指導する介護職Yさんは

 「メガネさん、通所者にいつも気を使ってくれてありがとう。

メガネさんが来てからみんなの会話が弾むようになったし、笑いが増えた。

ホンマ残念やけど・・・、そういう事情なら仕方ないわ」と言ってくれました。


もちろん、スポーツメガネのPTにも最後にお礼を言って、その場を後にしました。

 

彼?きょとんとした顔で何も言いません。


これで私の今回の通所リハビリ施設(デイケア)潜入ルポは終了です。

 

ただし私の全体を通しての感想と対策を次回から2回に分けて述べたいと思います。


そしてもちろんこれからも、これに懲りずいろいろな施設に潜入し

経験を積みながら知人を増やすつもりでいます。 

 

それじゃ~また。 

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました